Dresswell

ジョンスメドレーのフィットについて

ジョンスメドレーのニットを複数枚お持ちの方で、
「いつも同じサイズを買っているのに、ものによってサイズ感が全然違うんです」とお困りの声をよく聞きます。

実はジョンスメドレーのニットは大きく分けて3種類のフィットに分かれており、フィットによってサイズ感に大きな違いがあります。

基本的に、
イージーフィット > スタンダードフィット > スリムフィット(ジャパンフィット/イタリアンフィットを含む)
の順で、大きく、ゆったりとしたフィッティングになります。

イージフィットとスリムフィットではワンサイズ程度の差があるため、
同じサイズを購入したのにサイズ感が全然違うという問題が起こってしまうわけです。

では、どうやって自分に合ったサイズを選べば良いのか?

一番間違いがないのは、お手持ちのニットの実寸と商品ページ実寸表の数値を比較することです。
ただし、ニットの厚みやデザインによっては比較しにくいケースもあります。

その場合は下記フローをご参考にサイズをお選び下さい。


(1)スリムフィットのマイサイズを知る

スリムフィットモデルのマイサイズを知ることができれば、他のフィットの適正サイズも予測できます。

レディースであれば、
Sサイズ=7から9号程度 Mサイズ=9から11号程度 Lサイズ=11号から13号程度

メンズであれば、
Sサイズ=日本のS程度 Mサイズ=日本のM程度 Lサイズ=日本のL程度

注:ニット製品は伸縮性があるため、お好みのフィット感によっても適正サイズが変わります


(2)フィット名の確認

商品説明文の下部にそのモデルのフィット名が記載されていますので、確認します。


(3)スリムフィットのマイサイズを元に、適正サイズを予測する

イージーフィットモデル:スリムフィットモデルより一つ下のサイズを選ぶ
スタンダードフィットモデル:基本的にはスリムフィットモデルと同サイズ、ただし、よりタイト目がお好みの場合は一つ下のサイズを選ぶという選択肢も
(例:スリムフィットの適正サイズがLサイズならば、イージーフィットモデルはワンサイズ下のMサイズが適当、といった感じ)


とはいえ、デザインはもちろん、体格や重ね着の量、お好みのフィット感によっても適正サイズは変わってまいります。
お困りの場合は、Contactページまたはお電話にてお気軽にご相談下さい。

tops
シャツ
ニット
カットソー
スウェット
パーカー
カーディガン
Tシャツ
ポロシャツ
ベスト
ワンピース / チュニック
outer
ブルゾン
ジャケット
コート
ダウンジャケット
bottoms
カジュアルパンツ
スカート
ジーンズ
トラウザー
ショーツ
shoes
レザーシューズ
スニーカー
other goods
バッグ
ストール / ショール
グローブ
キャップ / ハット

Mens Ranking

Womens Ranking

Loading...
SCROLL TOP