Dresswell

The Spring Edit

Journal / News

今年はあんまり暑くならないですねぇ〜

例年、GWの時期って結構暑くて30度超えの日もあったりする印象ですが、未だに20度あたりを行ったり来たりで、朝晩はまだまだ羽織りが欲しい感じ。
未だに真冬と同じ羽毛布団で寝てますからね。
まぁウチは揃いも揃って寒がり、ガリガリ、もやし一家というのもありますが…

なんだかんだで梅雨時期も肌寒い日がちらほらあったりしますから、まだまだライトアウターは重宝しますよ〜
ということでご紹介させていただきます。

モデル身長168cm体重56kg細身男性
【ニット: BATONER ¥26,400 / Size : 1】
【その他 : 私物】

いや、アウターの紹介やないんかい!というツッコミは華麗に流して、まずは一押しニットを。

BATONER(バトナー)の新作、その名もSUMMER KNIT(サマーニット)シリーズです。

見て下さい、この透け具合。

もうね、風がビュンビュン抜けてきて、今時期素肌に一枚で着てたら確実に風邪を引きます。
ということで真夏も余裕。

でもスッカスカで頼りない感じは全くなく、非常にしっかりしていて目面も美しい…
サマーニットにありがちなナチュラルなほっこり感がなく、シャキッとしていて高級感もあります。

【ニット: BATONER ¥24,200 / Size : 1】
【その他 : 私物】

こちらはクルーネックモデル。
見ての通り、夏物にありがちなペラペラ感がなく、大人な雰囲気たっぷり。

真夏に着れるニットとしてこの肉感、このルックスはかなり貴重ですね。
おかげでボディラインも拾いにくく、お肉のたるみが気になる方にも安心です。

コットンに特殊加工を施して麻に似せた質感にしているため、ドライタッチで肌に張り付きにくく、光沢感もあってとても上品。
シャツやロンTなどをインナーに合わせて風避けにしておけば春や秋も着れますので、思いのほかロングシーズン活躍してくれるかと。

ドロップしたショルダーライン、ゆったり身幅のボクシーなシルエットもこの生地感に合っていて、ごちゃごちゃ重ね着しなくても一枚でサマになります。
夏は短パンやサンダルと合わせたいですね。

あまりにも良かったので、メンズは長袖ポロシャツ、長袖クルーネック、半袖ポロシャツの3型仕入れています。
レディースは長袖ポロシャツ1型のみ。

とにかくまずは試着してみて下さい、風抜けの良さにビビります。

(モデル:身長168cm体重56kg細身男性)
【ブルゾン : CIOTA ¥49,500 / Size : 4】
【ニット: BATONER ¥26,400 / Size : 1】
【その他 : 私物】

お次はCIOTA(シオタ)。

すべてのアイテムに超高級綿のスビンコットンを惜しげもなく使うというというとんでもないポリシーを掲げたブランドですが、このスウィングトップも生地がヤバい。
秋冬のバルカラーコートやタイロッケンコートでも使われていたギャバジン生地ですが、このツヤ、軽さ、柔らかさは格別です。

形としては90年代のラルフローレンのスイングトップをオマージュしたものですが、生地のレベルが全く違うため、本家にはない高級感が漂います。

あとは着心地が段違いに軽くてえげつないですね。
肌当たりも非常に滑らかなのでストレスフリー。

たっぷりゆとりのあるシルエットですから、一枚仕立てとはいえ、重ね着次第で冬前くらいまで活躍してくれるかと。
もちろん今時期も重宝します。

正直とてもシンプルなので、これ一枚でオシャレ感が爆上がりするようなアイテムではありませんが、おかげで悪目立ちしませんし、コーディネートに溶け込みやすく、抜群に汎用性が高いのも魅力的。
気づいたらこればかり着てしまう、といったことになりかねない魔力を秘めた一着です。

(モデル:身長168cm体重56kg細身男性)
【コート : YARMO ¥33,000 / Size : 40】
【ニット: BATONER ¥26,400 / Size : 1】
【パンツ : BATONER ¥19,800 / Size : 1】
【その他 : 私物】

そしてこちらはイギリスのワークブランド、YARMO(ヤーモ)。
特にCC41ラインはイギリス製ながらもお手頃な価格が魅力です。

ロングシーズン使える、一枚仕立てのフーデッドコートは定番の形。
イギリス軍とスウェーデン軍のスノーパーカーを掛け合わせたような、バランスの良いデザインです。

毎シーズン生地やカラーリングが変わってリリースされるのですが、なんといっても今回はこの色にやられました…

発色抜群のサックスブルーカラーがもう最高。
このボリューミーなシルエットにもよく合っています。

ネイビーやインディゴ、ベージュやブラウンとの相性も良いため、想像以上に取り入れやすく、これを着るだけでコーディネートが華やかに。
とはいえトーンが絶妙なので、派手になりすぎず、子供っぽくならず、着こなしやすい印象です。

たっぷりとした身幅とドロップショルダーでかなりゆとりがあり、たくさん重ね着可能。
ウエストのドローコードの絞り具合やフロントボタンの留め具合によってシルエットに変化をつけられますので、コーディネートに合わせて色んなスタイリングが楽しめます。

ユニセックスモデルですので女性の方がオーバーサイズで着用いただくのも良し、ガッチリめの男性がジャスト気味で着用いただくのも良し。
ご夫婦やカップルでシェアいただくのもオススメです。

リラックスした雰囲気大半がロックミシンで処理された簡便な作りということもあって、イギリス製ながら税込33,000円とお手頃価格なのも魅力的。
TCツイル(ポリエステルコットンの綾織生地)なので乾きも早く、コットンが含まれているため経年変化も楽しめます。

(モデル:身長168cm体重56kg細身男性)
【ポロシャツ: POSTELEGANT ¥63,800 / Size : L】
【パンツ : FilMelange ¥27,500 / Size : 3】
【その他 : 私物】

最後はPOSTELEGANT(ポステレガント)。

今シーズンはかなりの量を仕込んでいたつもりなのですが、おかげさまでほとんどのアイテムが早々に完売。
でも、スペシャルなやつが残っていますよ〜

個人的に一押しの、和紙コットンニットポロになります。

ポロシャツというにはあまりに高価で存在感がありすぎる一着。
トップメゾンあたりでもなかなか見かけないレベルの強烈なオーラが漂います。

レアな和紙糸とコットン糸のプレーティングニット生地の素晴らしさたるや…
アップの写真を撮り忘れましたが、この編みの色味や表情は格別です。

生地もさることながら、贅沢なレザーの切り替えとパイピングがラグジュアリー感を加速。

しっかりとした肉感のオーバーサイズシルエットのため、一枚での着用はもちろん、長袖ものとレイヤードして春や秋も楽しめます。
夏は短パンにPEZZETTINOのサンダルを合わせたいですね。

ポロシャツと考えると気絶しそうになる価格ですが、下手なアウターよりはるかにパンチがありますし、ユニセックスですので、ご夫婦やカップルでシェア可能。
半分づつ出し合えば、まぁ少しは買いやすいと思いますので、パートナーがいらっしゃる方はぜひ説得してみられてはいかがでしょうか….

というか真夏も着れて、これほどの存在感があるトップスはホントに稀有な存在。
マテリアル、デザイン、シルエット、すべてのバランスが絶妙で、舌を巻く完成度。

とっておきの一着として、非常にオススメです。

ということで以上。
アウター以外のご紹介もありましたが、いずれも今時期から秋にかけても重宝するアイテムばかり。

ぜひお試し下さい〜

Written By kohei

Styling Items

tops
シャツ
ノースリーブ / タンクトップ / キャミソール
その他トップス
ニット
カットソー
スウェット
パーカー
カーディガン
Tシャツ
ポロシャツ
ベスト
ワンピース / ジャンプスーツ
outer
カジュアルジャケット / ブルゾン / Gジャン
テーラードジャケット / ジレ
コート
ダウンジャケット
bottoms
カジュアルパンツ
スカート
レギンス
ジーンズ
トラウザー / スラックス
ショーツ
shoes
レザーシューズ
サンダル
スニーカー
other goods
バッグ
アロマグッズ
エプロン
ソックス
革小物
ストール / ショール
ベルト
グローブ
キャップ / ハット

Mens Ranking

Womens Ranking

Loading...
SCROLL TOP
instagram